主宰俳句

「雉」誌より 田島 和生 主宰 の俳句をお届けいたします。

 毎号、巻頭に主宰俳句が掲載されます。最近の作品をまとめました。

田島 和生 主宰俳句

令和3年 4月

牡丹の芽

オリオンの闇へ擲(なげう)つ鬼の豆
つくばひの水鳴つて春立ちにけり
青天の鬼瓦から雪解水
牡丹の芽高さ違へてほむらめき
鉛筆を削る香あまき木の芽どき
銹色の無蓋車行けり蕗の花
  悼 青木和枝さん 二句
君逝きてさざん花白く香るなり
面影や春の風花乱れ舞ふ

令和3年 3月

野水仙

父と子と犬が丘ゆく初日影
鯉浮いてもの言いたげに四温かな
大寒やゆゑなく頬の火照りゐし
人日の軋む引戸へ油差し
高嶺より瀬のほとばしる野水仙
舌先へ山気しみじみ冬苺
鶏小屋の裏の風みち鼬罠
少年のスパイク磨き春近し

令和3年 2月

時雨虹

落日へ初鴨のみな向きゐたる
手酌せる酒は山の名十三夜
しぐれては湖北は虹をあまたたび
時雨虹くぐれる二羽のとんびかな
極月の屋根師の影が空歩む
叡山をからくれなゐの落葉かな
山茶花の白ちりゆけば紅(くれなゐ)も
ひよどりとパンを頒ちて冬籠

令和3年 1月

水 鳥

水鳥のこゑの暮れゆく浮御堂
羽搏きて水に水鳥まろぶかな
にほどりの浮んで嘴に光るもの
手酌酒肩へたまゆら散紅葉
柊の花つつましく白に凝り
怒り目へ軍鶏は枯野の日を点じ
無人駅指してくねりて枯野道
木枯のぶつかつて木の家が鳴り

 

令和2年 12月

月の道

大根蒔き手のひらひらと高嶺晴
一枚づつ棚田鳴りゆく落し水
秋彼岸開扉の弥陀へ昼ともし
残り蚊へ蚊取線香よき香り
蛇穴に入りし濡れあと石の崖
廃園に残る円卓花すすき
草ひばり軒端へ火星接近す
声変りせし子が二人月の道

令和2年 11月

葡萄の光

一粒づつ葡萄の光りたなごころ
蕾立て藪より群れて彼岸花
別れ道地熱さながら曼珠沙華
曼珠沙華野にすれちがふ二人かな
寝間よりも棚田の高し曼珠沙華
しろがねの蘂張る白き曼珠沙華
青鷺の胸へ厄日の波しぶき
琵琶のうみ藻屑ただよふ愁思かな