主宰俳句

「雉」誌より 田島 和生 主宰 の俳句をお届けいたします。

 毎号、巻頭に主宰俳句が掲載されます。最近の作品をまとめました。

田島 和生 主宰俳句

令和3年 1月

水 鳥

水鳥のこゑの暮れゆく浮御堂
羽搏きて水に水鳥まろぶかな
にほどりの浮んで嘴に光るもの
手酌酒肩へたまゆら散紅葉
柊の花つつましく白に凝り
怒り目へ軍鶏は枯野の日を点じ
無人駅指してくねりて枯野道
木枯のぶつかつて木の家が鳴り

 

令和2年 12月

月の道

大根蒔き手のひらひらと高嶺晴
一枚づつ棚田鳴りゆく落し水
秋彼岸開扉の弥陀へ昼ともし
残り蚊へ蚊取線香よき香り
蛇穴に入りし濡れあと石の崖
廃園に残る円卓花すすき
草ひばり軒端へ火星接近す
声変りせし子が二人月の道

令和2年 11月

葡萄の光

一粒づつ葡萄の光りたなごころ
蕾立て藪より群れて彼岸花
別れ道地熱さながら曼珠沙華
曼珠沙華野にすれちがふ二人かな
寝間よりも棚田の高し曼珠沙華
しろがねの蘂張る白き曼珠沙華
青鷺の胸へ厄日の波しぶき
琵琶のうみ藻屑ただよふ愁思かな

令和2年 10月

高嶺風

貝風鈴鳴りゐて大き高嶺風
奥能登の貝風鈴のさんざめき
夜明より蟬の高鳴き飯噴けり
酢に締る加賀の秋鯖青光り
書斎までコーヒー匂ふ今朝の秋
朝顔の空へ空へと次々と
稿終へて秋の夕映まのあたり
海原の紺を背筋に秋刀魚鮨

令和2年 9月

夜の秋

大夏木小鳥の羽毛舞ひにけり
さながらに天女のまつげ合歓ひらき
捩花のねぢれへ夕日とびにけり
大琵琶の花火とまがふ雷一つ
雷鳴の昨日は過ぎて鳶のこゑ
いづくより来しかあめんぼ水溜り
亡き人の本黴くさき懐かしき
ひんやりと椅子の背もたれ夜の秋