主宰俳句

「雉」誌より 田島 和生 主宰 の俳句をお届けいたします。

 毎号、巻頭に主宰俳句が掲載されます。最近の作品をまとめました。

田島 和生 主宰俳句

令和4年 1月号

時雨虹

粧ひて日をまんめんに表比良
天つ日へ火色ちりばめ石榴の実
うかつにも裾へそびらへ草虱
窓ひとつ余す廃家の蔦紅葉
鯉集ふ白きカラーの帰り花
潜きては鳰の二粒舟溜
幾たび撓ひて魞へ時雨虹
紙箱の馬鈴薯芽吹き小六月

 

令和3年 12月号

新月

コスモスの畑はときをり天つ風
雲はみな湖のはづれへ柿日和
さやけさに誰待つとなく門に出づ
みづうみの荒れて黒ずむ秋思かな
濯ぎ場へ沈んで藷の根の紅し
隼人瓜もいで洗つて呉れしかな
直ぐなるも曲るも蕾石蕗の花
新月へ砂金さながら星一つ

令和3年 11月

金秋

初鴨を待ちて淡海の紺湛ふ
大琵琶や朝日まみれに鴨来たる
稲匂ふ湖の奥より大き月
ちちろ鳴く野小屋に網のうづたかし
残る蟬草の中から鳴きにけり
金秋の地卵割れば黄味二つ
手へ止り風のやうにも秋の蝶
蝶二つ色なき風にあひ別れ

 

令和3年 10月

野分雲

暁闇のひぐらしのこゑ湖わたり
門口へ一葉舞ひ来ぬ蟬の翅
地に帰する蟬のなきがら翅こはれ
鉄砲百合筒先一つこちに向き
売地いま貧乏かづら花盛り
ははそばの母の味ともむかご飯
図書館の本抱き出づる新松子
蝶々の飛ばされてゆく野分晴