主宰俳句

「雉」誌より 田島 和生 主宰 の俳句をお届けいたします。

 毎号、巻頭に主宰俳句が掲載されます。最近の作品をまとめました。

田島 和生 主宰俳句

令和4年 6月

暁紅の湖へ広がり初音かな
はからずも背へ初音の響きけり
あぢさゐの苗木植ゑをる日照雨
うららかや蛾の紋様に丸二つ
しろがねの光の走り蜘蛛の糸
土くれの影より上がる初ひばり
あの峰のあの花ならむ舞ひ来る
  京都嵐山 周恩来詩碑除幕
詩碑の面は鏡光りに山ざくら

令和4年 5月

みづうみのまんめんに凪ぎ黄水仙
大琵琶へ四方の雪しろ幾筋も
暮れゆけば白浪上がり残り鴨
比良ばかり雲に隠るる花菜風
鳴きながら雲にまみれて初燕
初蝶の光となりて遠くなり
  ロシア・ウクライナへ侵攻 二句
町を消し破片累々彼岸寒
料峭やあまた征(ゆ)かしめ死なしむる


 

令和4年 4月

放ち鶏

青空に接し斑雪の男比良
巣のやうに小草撓みて残り雪
浅春の光微塵に刃物研ぎ
臘梅や跳ねつまろびつ放ち鶏
水注してがつちやんポンプ柳の芽
ふくら胸寄する椋鳥余寒かな
大鯉のまはりへ稚鯉うららけし
哀悼 棚山波朗さん
春めきて能登へ汝(な)が魂還りしか

令和4年 3月号

初氷

蹲踞(つくばい)の朝日ちりばめ初氷
初氷学習塾の水溜り
精肉の赤生き生きと寒見舞
束ね売る信長葱の土まみれ
槍烏賊を炙るや燗は熱々に
酔ひ覚めへきらきら星の冴ゆるかな
曉闇のやがて薔薇色浮寝鳥

悼 徹先生の長女雅子様
先生の許へ急がれ冬の月