トップページ

写真 本木紀彰さん


俳句結社「雉」へようこそ

 俳誌「雉」は、昭和60年(1985)、林 徹により、広島にて創刊されました。林 徹は、「風」の同人であり、「雉」は、沢木欣一・細見綾子を師系として誕生しました。

  林 徹は、即物具象・客観写生を信条として句作に取り組んできました。平成20年(2008)3月、林 徹亡き後は、田島 和生 が主宰を引き継いでいます

 お知らせ

「雉」8月号は、35周年記念号に併せて発行されますが、原稿量が大幅に増えたため、編集、印刷、製本に手間取っています。
この結果、俳誌の発送は8月中旬になる見通しです。
申し訳ありませんが、よろしくご了承下さい。

                   「雉」編集部

 急告

 「雉」は2020年1月、創刊35周年を迎えたため、広島で3月15日(日)、記念大会を開催する計画でしたが、新型コロナウイルスの伝染病拡大に伴い、10月18日(日)に延期しました。
 ところが、このたびの緊急事態宣言解除に伴い、東京を中心に首都圏で感染者が急増し、終息の見通しも立たなくなったため、大変残念ながら記念大会を中止することに決めました。
 大会のご出席を予定されていた来賓の方々や関係者各位を始め、「雉」同人、会員の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、今般の緊急事態をご了解のうえ、何とぞご寛恕いただきますよう、どうかよろしくお願いいたします。
                 「雉」主宰 田島 和生
         2020年7月

  • NEW!  第68回「雉」ネット俳句  8月の募集 開始しました!
          
          締切 8月31日 午後9時       

          投句は無料です。どなたでも投句いただけます。(「雉」同人はご遠慮ください)
          初心の方、大歓迎です。是非、一度、お試しください。
          ジュニアの部(小学生・中学生・高校生)好評 募集中!
          結果は、9月10日「雉」HPにて公開いたします。


    NEW!  「雉」8月号は、35周年記念号です。

          たくさんの特集記事に加え、特別作品も盛りだくさんです!
          是非、ご一読ください。
          大会寄付金を充て、定価3000円のところ、特別価格2000円にてお譲りいたします。
          大変貴重な内容となっておりますので、この機会に、是非ご利用くださいませ。
          「雉」以外の方々からのお問合せも、お待ちしております!

          お申込、お問合せは、おたよりからお願い申し上げます。

     

    NEW!    第66回ネット俳句 6月の募集 結果発表!
          今月もたくさんの方にご応募いただき、有難うございました。      
          先月より30句ほど多くなりました。      
          新しく投句くださった方、有難うございました。      
          いつも投句くださる方、今月も有難うございました。      
          7月も皆様の秀句をお待ちしております!

     

    予告!  「雉」8月号は、35周年記念号です。記事が整い次第、掲載の予定です。
         お楽しみに!

         

  • ご案内  サンプル誌は500円で頒布しておりますので、お問合せください!
         ご入会・サンプル誌お申込
         お待ちしています!

小倉 遊亀 画伯 「牡丹」

今年の「雉」誌の表紙は、小倉 遊亀 画伯「牡丹」です。

小倉 遊亀 (おぐら・ゆき)

 本名、ゆき。明治28年(1895)~平成12年(2000)105歳。
滋賀県大津市出身。奈良女子高等師範学校(奈良女子大学)卒業。女性として初めて日本美術院の同人となる。日本芸術院会員。文化勲章受章。日本美術院理事長。