トップページ

写真撮影 本木紀彰さん (関東)


俳句結社「雉」へようこそ

 俳誌「雉」は、昭和60年(1985)、林 徹により、広島にて創刊されました。林 徹は、「風」の同人であり、「雉」は、沢木欣一・細見綾子を師系として誕生しました。

  林 徹は、即物具象・客観写生を信条として句作に取り組んできました。平成20年(2008)3月、林 徹亡き後は、田島 和生 が主宰を引き継いでいます

小倉 遊亀 画伯 「草と古九谷」

2021年「雉」の表紙、小倉 遊亀 画伯「草と古九谷」

小倉 遊亀 (おぐら・ゆき)

 今年の「雉」表紙絵は、小倉游亀(おぐら・ゆき)の作品「草と古九谷」です。画伯ゆかりの画廊㈲「鉄樹」のご厚意で、今年もお借りしました。
 画家として円熟期を迎えた1968年(昭43)、七十三歳の時の作品。こがね色と深い朱色を背景に、花や扇模様を描いた細首の徳利に、可愛い小花をつけた緑の草花を添えて描き、静かな境地を思わせる典雅な優品である。
 画伯は、作品について「この古九谷徳利は、(日本画家の)もと小林古径先生御愛蔵のものでした。何度描いても描きつくせない味があり、どんな草を横に置いてもよく似合うのです。これはうちの(北鎌倉の)裏山に咲いた名も知らぬ雑草です」と、画集に書いている。
 1895年(明治28)、滋賀県大津市生まれ。安田靫彦に師事。日本美術院同人として活躍し女性初の理事長。上村松園についで女流画家として二人目の文化勲章受賞。2000年(平成12)、天寿をまっとうし、105歳で逝去。
(田島 和生)