トップページ


俳句結社「雉」へようこそ

 俳誌「雉」は、昭和60年(1985)、林 徹により、広島にて創刊されました。林 徹は、「風」の同人であり、「雉」は、沢木欣一・細見綾子を師系として誕生しました。

  林 徹は、即物具象・客観写生を信条として句作に取り組んできました。平成20年(2008)3月、林 徹亡き後は、田島 和生 が主宰を引き継いでいます

 今年、令和2年(2020)「雉」は創刊35周年を迎えました。 10月18日、「雉」の誕生した広島のリーガロイヤルホテル広島にて、記念大会を開催いたします。

  • 「雉」同人・会員必見!
    「オール雉句会」 開催のご案内

    インターネットを利用して、「 オール雉句会 」を開催いたします!
    奮ってご参加ください!

    新型コロナウイルスの影響により、各地の句会が休止となっているため、ネット上での句会を開催いたします。雉句会に出席されている方でしたら、どなたでもご投句いただけます。投句5句、互選、結果はメールにて送信いたします。未発表扱いとなりますので、ご配慮のほど宜しくお願い申し上げます。
    投句は、「北陸地区ブログ」にて受け付けています。ご投句お待ちしています。
    ※「雉ネット俳句」とは別のものですので、ご注意ください。

     

    締切迫る!  第63回「雉」ネット俳句  3月の募集  受付中
           締切 31日 午後9時 どなたでもご投句いただけます。
           投句は無料です。
           皆様の秀作をお待ちしています!
           ※「雉」会員の方は投句いただけます。同人はご遠慮ください。


    NEW!  「トピック」を設けました。雉関連の記事を掲載しています。是非、ご覧ください!

    NEW!   これまでの「雉」誌の内容を公開しています。
         「アーカイブ」より「『雉』資料館」、「『雉』誌のあゆみ」へお越しください。

     

  • ご案内  サンプル誌は500円で頒布しておりますので、お問合せください!
         ご入会・サンプル誌お申込

小倉 遊亀 画伯 「牡丹」

今年の「雉」誌の表紙は、小倉 遊亀 画伯「牡丹」です。

小倉 遊亀 (おぐら・ゆき)

 本名、ゆき。明治28年(1895)~平成12年(2000)105歳。
滋賀県大津市出身。奈良女子高等師範学校(奈良女子大学)卒業。女性として初めて日本美術院の同人となる。日本芸術院会員。文化勲章受章。日本美術院理事長。