同人作品

「雉」誌より、田島和生主宰 推薦の同人作品「同人作品抄」を転載しています。

 誌上の同人作品は、「雉笛集」「白雉集」「飛翔集」「青藍集」があり、それらは同人歴によって分けられています。
 「雉笛集」は、自選六句。その他は、田島 和生 主宰 選となります。
毎月の同人作品から、更に田島主宰の推薦句「同人作品抄」がまとめられます。
こちらには、その「同人作品抄」を転載しています。

同 人 作 品 抄

令和3年 9月

鐘を撞く一打一打に蓮の白      鈴木 厚子(副主宰)
青梅雨や一本立ちに鶴眠り      永田 由子
夕焼や川につけある鍬二本      河野 照子
爆心の地の夕ぐれを蜻蛉かな     井上 久枝
壁をほろほろこぼれ烏麦       二宮 英子
花火師の闇に一礼花火果つ麦     近藤 弘子
秋や牛舎に隣る干拓碑        林 さわ子
雀の子庭のはつかな土を浴ぶ     笹原 郁子
童顔の僧のまざりて夏安居      杉本 尚子
片蔭を分かち接種を待ちゐたる    古岡 美惠子
畑のもの手籠にもらひ露凉し     新谷 亜紀
亡き母の植ゑし鉄線白ばかり     黒田 智彦
大振りのワイングラスに目高飼ふ   濱本 美智子 
藺座布団干して母の忌迎へけり    太治 都
梅雨空を傘引き摺りて下校の子    山田 由美子
葛水や屋根に石置く峠茶屋      大片 紀子
朝蟬の声の底ひや学徒の碑      岡本 惠美子
虫めがね持ちて駆くる子風薫る    水野 菊恵
時国家上時国家苔の花        海野 正男
でで虫や葉裏に隠れ角を出す     井上 基子
引き潮にひきこまれたる海月かな   下見 博子
川面から母屋の方へ螢飛ぶ      溝田 ちどり
花合歓や瀬音はげしき川分かれ    新長 麗子
棒振虫木立の甕に浮き沈む      田口 満枝
折り取りて片手に余る夏蕨      渡辺 節子

令和3年 8月

護摩焚の煙をかむり蟻地獄       鈴木 厚子(副主宰)
暮れ方の庭木のそよぎ冷奴       河野 照子
亡き母の日傘をさして姉来たる     越桐 三枝子
晩年や赤き椅子選る梅雨晴間      二宮 英子
蝙蝠の翼ひらひらスタジアム      内藤 英子
縞蛇の横切るを待つ湯殿みち      栗原 愛子
ダービーの日のアカペラの国歌かな   小林 美成子
露地売りの栄螺に朝の通り雨      林 さわ子
葉桜や母上様と筆の遺書        藤井 亮子
大蟻の引き摺る飴の包み紙       新谷 亜紀
蚕豆の莢の個室の綿毛かな       寺田 記代
潮風や夫と分け合ひ氷菓食ぶ      今田 舞子
山嶺の雲脱ぐ速さ更衣         木村 浩子
莢豆のすぢ取りをれば日照雨      太治 都
久々の大き姿見更衣          長岡 はるみ
梅雨の蝶たどたどしくも川渡る     山下 邦子
何蒔くや芒種の畑に人の影       山岸 昭子
オンライン授業に吊るす金魚玉     海野 正男
梅雨湿り書棚に匂ふ正露丸       西村 千鶴子
夏暁や先づ検温と血圧と        山田 美佐子
逃ぐる蛾を追うて雀は宙返り      今田 昌克
軍手して大釜の茶を揉みにけり     溝田 ちどり
代掻きや威を張り進むトラクター    生田 章子
花かんば山の牛舎の赤き屋       福江 真里子
蔓引けば睨みてゐたり蟇        松宮 利秀

令和3年 7月号

どの田にも水走り込み鯉幟        鈴木 厚子(副主宰)
土の色変はるまで打つ春田かな      大前 貴之
帯締めてぽんと叩いて夏に入る      久保 方子
五月来ぬ針のやうなる魚走り       深海 利代子
地震跡のころがる鉢に牡丹の芽      杉本 尚子
犬公方の寺のをちこち猫の恋       井上 千恵子
草餅の草色の染み臼の底         森  恒之
糸檜葉に八十八夜の雨雫         荒井 八千代
独活の香や厨の隅に神祀る        依田 久代
じやがいもの花や川風うねり来る     伊藤 芳子
干潮の岩を這ひをる寄居虫(がうな)かな   福江 ちえり
山桜木造駅の時計鳴り          天野 桃花
寺町の路地を曲れり白日傘        三上 節子
職ひける夫のつむりへ飛花落花      篠崎 順子
山桜より明け初むる漁師町        為田 幸治
開け放つ古書店匂ふ薄暑かな       中川 章
行く春や傾ぎて歩む鳩の夫        望月 満理
庭石と同じ色なる蛙かな         鷹野 ひろえ
若葉風白髪八分の髪を切り        鷹野 早苗
差し潮に出合ひ崩るる花筏        大葉 明美
會遊の能登の古刹や遅桜         辻江 惠智子
ハングライダー若葉の風をとらへたり   原  万代
むかし来し村に来てゐる桜かな      中岡 ながれ
野良着継ぐ雨の八十八夜かな       溝西 澄恵
宮島の峰を遠くに巣立鳥         西向寺 倫子

令和3年 6月号

土石流ゆきし湯治場不如帰       水野 征男
喇叭水仙羽ある虫の出てきたる     二宮 英子
一菜の苦きもの添へ春の膳       中野 はつえ
被爆土手雀隠れとなりゐたり      川口 崇子
一人にも夕餉の支度菜種梅雨      秋本 三代子
水口にひとかたまりの子持鮒      栗原 愛子
ふんばりて湖岸に楤の一芽かく     小谷 廣子
末黒野へ雨きらきらと来りけり     梅園 久夫
天水に水浴ぶ雀春深む         古岡 美惠子
ふるさとの海雲に散らす針生姜     藤巻 喜美子
七七忌名残の花に雨つのる       佐瀬 元子
春暁や病む夫の管長々と        清岡 早苗
春の雲被爆ドームの足場解く      住岡 公子
小さき木に囲ひしてをり花の雨     海生 典代
教会のステンドグラス暮遅し      度山 紀子
畦の火へ棒持つ女向かひ立つ      山岸 昭子
横笛の歌口ねぶり花の宴        下見 博子
学校の鶏の高鳴く朝桜         大原 恵子
砂浜に子供遊ばす春日傘        平岡 百合子
沈丁花垣の内より匂ひけり       市村 英樹
肩張つてボス猫らしや春田道      福田 澄代
芳しき草に落ちたる髪飾        中岡 ながれ
固まりて動かぬ牛や牧開        武田 弘子
鮊子を焙り手酌の昼の酒        黒木 隆信
身籠りて腹に手を添へ青き踏む     迫  美代子

令和3年 5月号

神棚へ米蒸す湯気や寒造         永田 由子
水草をしだきて鯉の産卵す        水野 征男
春立つや京の土産に亀束子        中野 はつえ
寝返りの枕の温み春の雨         秋本 三代子
結界の幣ちぎれとぶ春吹雪        栗原 愛子
笹舟を翻弄したる春の水         笹原 郁子
砂粒に紛ふ花種蒔きにけり        山田 初枝
見えねども土盛り上がる蕗の薹      小林 亮文
立雛飾り独りの夕餉かな         濱本 美智子
一輪のたんぽぽに日のいつまでも     寺田 記代
卒業子馬の鬣撫でてをり         清岡 早苗
梅東風や吹かれて長き巫女の髪      源  伸枝
亀鳴くやコロナ予防の大マスク      児玉 幸枝
藍染を晒す流れや水草生ふ        大片 紀子
風花や馬の首筋脈打ちて         堀向 博子
春の蠅新幹線の中を飛ぶ         松永 亜矢
錫色の辛夷の花芽尖りたり        田中 生子
雛の間の赤子の寝息しづかなり      川口 眞佐子
芽起しの雨音もなく壁伝ふ        下見 博子
春立つやいななき駆くる岬馬       高橋  努
シーソーの窪みに光る薄氷        新本 孝子
断崖の裂け目に落ちし山椿        新長 麗子 
耳並べ手の平ほどの春子かな       小川 誉子
寒明の堆肥にレーキ深く刺し       本木 紀彰
荷卸しの高きクレーン春霞        福田 澄代    

令和3年 4月号

寒鮠を干す燐家(となりや)や子だくさん  鈴木 厚子(副主宰)
年賀客酔へばいつもの木曾節よ      永田 由子
ふり向きしとき紅梅の匂ひけり      大前 貴之
厄除けやどんどの灰を門に撒き      久保 方子
裸木を描く鉛筆の擦過音         小林 美成子
春節や息赤きまで灯を連ね        林  さわ子
水槽を猫覗きこむ春隣          藤井 亮子
蕗の薹三つ摘み来て夕餉とす       上原 カツミ
寒鰤の胴丸々と競始め          小林 亮文
青空の映る運河に潜る鴨         佐瀬 元子
雪しまき防災無線切れぎれに       新谷 亜紀
お元日猫がしきりに顔を拭く       黒田 智彦
風花を仰ぐ幼の口ゆるび         濱本 美智子
年の瀬や念入りに拭く床柱        今田 舞子
一筋の草嚙んでゐる氷柱かな       源  伸枝
国引きの海の暗さや水仙花        木村 浩子
掃き寄せし物を啄む寒雀         児玉 幸枝
河豚刺を箸にからめ食うてをり      松永 亜矢
紅梅へ白梅へこの空の青         岡本 惠美子
鵯鳴きて湖は雪野となりにけり      為田 幸治
窓開けて吹奏楽部寒ざらへ        中川 章
薄氷を跨ぐ子割る子登校す        本多 静枝
寒月や棚田張りつく瀬戸小島       下見 博子
濡れながら鴉の漁る冬干潟        児玉 明子
凍裂の檜山杉山谺して          村上 勢津子

令和3年 3月号

日の当たる今年の橋を渡りけり   河野 照子
ひろびろと一人占めなる初電車   越桐 三枝子
椅子に乗り電球変ふる六日かな   二宮 英子
芽の太き慈姑の瑠璃に年立てり   川口 崇子
子の声の群がつてゆく若葉道    深海 利代子
天城路の深き轍や猟期来る     小林 美成子
お降りや宮の砲弾いたく錆び    浜田 千代美
行平の注ぎ口の灰汁若菜粥     藤戸 紘子
湯屋の窓さらさらと鳴り雪来る   福江 ちえり
枯野から汀へ続き獣径       徳永 絢子
初しぐれ島から島へ日の移り    木村 浩子
眼鏡拭きテレビを拭きて年用意   太治 都
往診の白衣に重ね革コート     篠崎 順子
一献は仏に供へ年始酒       山下 邦子
雪しまく藪から藪へ群雀      為田 幸治
飴色の歳時記匂ふ冬日向      中川 章
桐筥に姫君あまた歌かるた     萬代 桂子
葉牡丹へ硝子戸越しの朝日かな   海野 正男
川底を手搔きで掬ふ瀬田蜆     安藤 えいじ
年新た夫の書斎に灯を点し     西村 千鶴子
初明り仏壇の茶の薄みどり     大葉 明美
青年の沖を見てゐる懐手      吉野 順子
亡き夫に遍路宿より賀状来る    山田 智子
松迎背戸より大き父の声      林  暁子

 

令和3年 2月号

潮満ちて昼の虫なく小松原     永田 由子
寒林に石油掘りたる井戸の跡    水野 征男
ひと呼吸おいて眉かく年の暮    河野 照子
病棟に一灯点る寒夜かな      井上 久枝
月を見て一人飲みをり玉子酒    大前 幸子
流れつつ澄む泥水や池普請     大前 貴之
仇討ちのごと落葉搔く一日かな   久保 方子
しぐれ来て手話の会話のとぎれけり 越桐 三枝子
笹鳴の影さへ見せず遠ざかる    二宮 英子
一水の瀬音に神の山眠る      中野 はつえ
雲あひの空のかち色冬めけり    川口 崇子
一茶忌やいつも雀の集まる木    内藤 英子
朴落葉駆けぬけてゆく木橋かな   深海 利代子
花八手喪中はがきの重なり来    秋本 三代子
木乃伊寺鐘撞堂の冬囲       栗原 愛子
箒目を崩さぬほどの時雨かな    近藤 弘子
わが一句載りし暦も果てにけり   小林 美成子
妻を恋ふ兄の話しや室の花     浜田 千代美
朝霧のしづくの光大極殿      小谷 廣子
上りては下る街並初時雨      林 さわ子
冬の寺金の弥勒の大きな手     藤井 亮子
人工の浜にころがる寒蜆      杉本 尚子
黒富士の浮かぶ東京冬夕焼     古岡 美惠子
新しき土竜の塚や梅早し      井上 千恵子
時雨忌に続き母の忌従兄弟の忌   上原 カツミ

令和3年 1月号


寒流の響く村越化石句碑       水野 征男
去来忌の茶席を抜ける早稲の風    中野 はつえ
牡蠣筏男を乗せて暮れゆけり     内藤 英子
初紅葉芭蕉の馬で越えし径      栗原 愛子
黒文字の秋芽の匂ふ御師の門     井上 千恵子
擬宝珠の秋芽の揃ひうすみどり    森  恒之
銀杏を沈め今宵の茶碗蒸し      伊藤 芳子
綿棒で花びら直す菊師かな      山田 初枝
川尻に鯉のひしめき草の花      柴田 惠美子
朝寒や片足立ちで穿けぬもの     秋本 三代子
柿照るや島の薬師のご開帳      大方 紀子
日の差して鏡の奥に石蕗の花     三上 節子
県北の駅に立ちたる豊の秋      松永 亜矢
風折れの松の枝切る鵙日和      藤井 亮子
高西風に船泣くごとく軋みけり    浜田 千代美
職人の父の搔込むおじやかな     中川 章
寝落ちたる子のてのひらに栗一つ   新谷 亜紀
門徒衆集ひ薪割る文化の日      今田 舞子
黄落や幼の鳴らす帯の鈴       山田 美佐子
秋日濃き方へと移り太公望      山本 逸美
日溜りの遠くなりゆく法師蟬     松宮 利秀
ついそこの川で鯊釣る夫の秋     中岡 ながれ
菊花展寺の裏より鶏の声       馬木 芳子
頼旧居二畳の書斎実南天       平岡 貴美子
しばらくは仏間開けおく十三夜    内海 英子

 

令和2年 12月号

石鹸のにほひ手にある良夜かな    河野 照子
川上に霧たちこめて軍馬の碑     井上 久枝
海擦つて群れ飛ぶ鷗秋夕焼      久保 方子
夕支度黄色の菊を酢に浸し      越桐 三枝子
盆僧の白き鼻緒やうす埃       中野 はつえ
庭下駄を足でさぐれり虫の中     深海 利代子
金冠のミリの研磨や秋ともし     森  恒之
旧姓を彫りし包丁柿を剝く      藤巻 喜美子
新涼や岩から岩へ水折れて      黒田 智彦
大川の直なる果てや鰯雲       秋本 三代子
大蘇鉄大き葉影の良夜かな      太治 都
冬瓜の溝に座りて太りたる      山田 由美子
人肌の匂ひありけり鶏頭花      天野 桃花
宵闇や汐上り来る波の音       三上 節子
音もなく亀泳ぎをり夕月夜      海生 典代
白百合のなだれ咲きけり浜の風    福江 ちえり
冬瓜の透きて煮上がる夕餉かな    北嶋 八重
人の死を悼みて戻る野分あと     今田 舞子
新聞を継ぎ足し包む山の芋       山下 邦子
栗落つる音に目覚むる朝かな     生田 章子
生身魂ナースキャップに手をひかれ  田子 カンナ
台風圏線路ぎはまで波頭       馬木 芳子
休眠の畑に波打ち猫じやらし     黒木 隆信
バス停は村の三叉路カンナ燃ゆ    林  暁子
小鳥来る窓に包帯干されあり     西向寺 倫子

令和2年 11月号

屋上に北斗を仰ぐ洗ひ髪      永田 由子
神の留守守りし恵比須に酒二合   水野 征男
小鳥来る木立の中に座しをれば   河野 照子
初秋刀魚こんがり焼けて一人の餉  井上 久枝
シャンソンを流して夫の魂迎へ   久保 方子
水引草影ともいへぬ影を引き    笹原 郁子
雨脚に光ありけり稲の花      黒田 智彦
残る虫灯を消してより賑はヘり   寺田 記代
庫裡裏の漬物石へ鬼やんま     清岡 早苗
コロナ禍に日はうかと過ぎ秋の声  太治 都
鉛筆の転がり落ちる夜半の秋    山田 由美子
砂の山波のさらふや星涼し     川口 眞佐子
安曇野は稲の花どき風匂ふ     中川 章
墓みちの落し文とて解かずをり   山岸 昭子
水着の子包める白きタォルかな   福江 ちえり
庭花火果てて白煙闇に這ふ     長岡 はるみ
稲光仕舞ひ忘れし三輪車      小川 誉子
学校を囲む稲穂の白ひかな     山下 邦子
葛の葉の丸ごと出小屋覆ひけり   萬代 桂子
里の田に塩辛とんぼ睦み飛ぶ    渡邉 小夜子
水口に小鮒跳ねたり落し水     村上 勢津子
秋夕焼大温室の窓高し       林 暁子
傍らに猫座りゐる夜長かな     西向寺 倫子
かあさんと夫呼ぶ声か虫の夜    山田 智子
金秋や嬰児を胸に里帰り      田口 満枝

令和2年 10月号

迎え火や遠白波のつぎつぎと     河野 照子
新しき杖を曳きゆく路地の秋     越桐 三枝子
走り来る雨脚見ゆる晩夏かな     川口 崇子
出水あと鰻を拾ふ道の上       近藤 弘子
吟詠の椅子は切株蟬時雨       上原 カツミ
夜濯の竿の水着に山の風       依田 久代
柚子坊の枝ごと折りて日焼の子    徳永 詢子
橋くぐる川瀬に秋の気配かな     寺田 記代
八月や杓文字に乾ぶ御飯粒      栗栖 英子
粗炊きの目玉こぼるる溽暑かな    木村 浩子
濁流の泥に呑まるる青田かな     石井 和子
削氷を崩す向かうに被爆川      篠崎 順子
火砕流跡の校舎へ梅雨の蝶      林 さわ子
わだつみの鳥居は朽ちて青岬     古岡 美恵子
散水機回る甘藍畑かな        鷹野 ひろえ
鮎一尾うるか少々酒二合       海野 正男
子雀の蚯蚓引き合ふ影もつれ     大葉 明美
慰霊碑に竹の皮脱ぐ月夜かな     坂口 昌一
梅雨寒や畳に残る椅子の跡      福田 澄代
今朝の秋糠床しかと息づきて     辻江 恵智子
煮豆屋の羽目板の反り梅雨長し    西村 千鶴子
捨てきれぬ文学全集黴匂ふ      井上 基子
梅雨雲の閉ざす最上の川下り     下見 博子
原つぱの三角ベース夏蓬       髙橋 努
崖崩れ山椒魚の這ひ出せり      鷹野主 政子

令和2年 9月号

瑠璃色の鵜の眼かがやく日の盛り   永田 由子
夏帽子一列に来る並び来る      河野 照子
紫陽花へ雨だれの音つづきけり    大前 幸子
仔鯨の墓を岬に花蜜柑        大前 貴之
井戸端の胡瓜の花の開きけり     二宮 英子
潮風や括りの粗き大茅の輪      笹原 郁子
産卵の泡の中なる青蛙        栗原 愛子
古里の湯殿に残る浮いてこい     杉本 尚子
流れ藻へだぼ鯊群るる佃堀      井上 千恵子
梅の実の熟れて落つるや池の底    山田 初枝
夏山を二つに割りて土砂崩れ     田中 忠夫
置き変ふる鉢の下より縞蚯蚓     木村 浩子
手の甲に残る疵あと原爆忌      児玉 幸枝
誘蛾灯命の爆ぜる音のして      大片 紀子
夏風邪の子のすすりたるかけうどん  松永 亜矢
五寸釘ほどの百足虫が夜具の上    浜田 千代美
入道雲白き灯台呑み込めり      本多 静枝
川原へと歩む宿下駄螢の夜      間野 映子
元禄の池や蛙の声したり       田中 生子
湯上りの髪拭きをれば時鳥      松本 恵和
鹿の子の跳ねゐる櫟林かな      岡田 栄子
帰省子の土産お守り札一つ      小杉 郁子
新築の礎石を走る青蚯蚓       松井 英智子
暗き水摑みあめんぼ雨催       金子 仁美
滝壺の底を真横に這ふ木の根     黒木 隆信

令和2年 8月号

改札を出るたび仰ぐ燕の子      永田 由子
梅雨晴や使ひ馴れたる椅子に居り   藤江 駿吉
葉隠れににじむ街灯走り梅雨     河野 照子
踏みしむる土の黒さや原爆忌     井上 久枝
遠き日の手紙など裂き日永し     越桐 三枝子
反芻の牛が尾を振る草いきれ     杉本 尚子
明易しラジオにコロナの患者数    藤巻 喜美子
ごみ袋溝に挟まれ梅雨出水      小林 亮文
大鯉の鰭打つ岸辺杜若        小谷 廣子
泰山木咲くや眼下に潜水艦      黒田 智彦
長病みの長き髪切る夏初め      清岡 早苗
一人棲む庭に真赤な蛇苺       児玉 幸枝
菊挿して夫の一日の暮れにけり    大片 紀子
蟻塚をよけてジョギングしてゐたり  松永 亜矢
水漬きたる舟にこぼるる桜かな    檜垣 惠子
白南風にひらく一人の握り飯     林 さわ子
濡れ縁の日の斑にはらり夏落葉    本多 静枝
節々に縋りて竹の皮乾び       今田 舞子
蝌蚪群れて田の面乱るるひとところ  今田 昌克
甘酒に披講の声の淀みなし      長岡 はるみ
新茶揉む母の仕草をまねて揉む    小川 誉子
雉の子の群れて駆けだす葎かな    為田 幸治
郵便受底に張りつき雨蛙       馬木 芳子
小魚を酢にしめ卯の花曇かな     中村 いつみ
寺町の路地を飛びけり夏燕      林  暁子

 

令和2年 7月号

ばらの香をマスク外して深く吸ふ   永田 由子
山梔子の花の錆びたり薬学部     水野 征男
米二合洗ふ卯の花腐しかな      河野 照子
猫の髭つくづく長しチューリップ   川口 崇子
菜の花や潮目膨れて藍深む      梅園 久夫
鰆鮨頰張りし目へ波上がる      森  恒之
ジーンズの腰に馴染めり茶摘籠    伊藤 芳子
節々の鳴り春愁のストレッチ     徳永 詢子
海に沿ふ一本道を飛燕かな      濱本 美智子
板の間に米粒拾ふ昭和の日      秋本 三代子
横たはる巨木の下を春の水      芦田 一枝
桜の葉きちんと畳み落し文      太治 都
アイロンを滑らす白衣薄暑光     海生 典代
掬ふ掌に跳べる川えびみどりの日   石井 和子
羽搏きに溢れさうなる雛つばめ    新宅 良子
倶利伽羅や旅籠の跡の山桜      福江 ちえり
石垣の桜蕊掃く竹箒         新谷 亜紀
髪にまだ残る湯の香や明易し     源  伸枝
ベランダに摘む不揃ひの苺かな    山田 美佐子
岩屑の尾根に駒草風走る       児玉 明子
春昼や茶会へ開く大手門       大葉 明美
川蟹の出入り忙しき破れ蛇籠     西村 千鶴子
夏近し磯の香強き須磨の浦      井上 基子
島便り添へて大きな桜鯛       村上 勢津子
金盞花バケツいつぱい届きたり    山田 智子

令和2年 6月号

木葉木菟鳴くや千枚田の日暮     水野 征男
立てかけし櫂のしづくや花の昼    河野 照子
つむじ風たてて山火の起ちあがる   大前 貴之
拭き上げし招き看板風光る      久保 方子
初花の寺に抹茶のみどりかな     越桐 三枝子
浜小屋の戸板に売れる栄螺かな    二宮 英子
花冷や握りばさみの鈴が鳴り     神田 美穂子
大奥でありしところの春の蕗     近藤 弘子
仏具みな磨きて春を籠りけり     小林 美成子
涅槃西風背開きに干す魚かな     柴田 惠美子
姿なき物に怯ゆる四月かな      栗栖 英子
啓蟄や重機の爪の土乾び       清岡 早苗
花冷や干潟を渡る鹿の列       芦田 一枝
日の匂ひ藁の匂ひや蝶生るる     岡本 惠美子
発電の風車の唸り花かんば      福江 ちえり
紅梅の花びらひらり脱衣籠      新谷 亜紀
岩山を行く雲の影躑躅燃ゆ      児玉 明子
藁縄の音して乾き干鰈        平岡 百合子
栄螺焼き隠岐の潮をこぼしけり    萬代 桂子
神木の裂けし根方に蟻出づる     坂口 昌一
一斗缶干す豆腐屋や朝燕       高橋 努
清明や百閒廊下走り拭く       村上 勢津子
山笑ふ連絡船の擦れ違ひ       山崎 和子
退院の夫の一歩へ春の風       山田 智子
谷間に七戸の家や桃の花       渡辺 節子

令和2年 5月号

竹籠のナイフの光鳥雲に       河野 照子
ひろしまの空青々と蝶の昼      井上 久枝
雛段に女盛りの官女かな       大前 幸子
出漁の顔触れ揃ふ焚火かな      中野 はつえ
風光る木立を鳥の移るたび      川口 崇子
鷦鷯(みそさざい)岩木嶺を雲離れゆき 笹原 郁子
刃物選る馴染の露店一の午      近藤 弘子
転がして掃くとりどりの落椿     徳永 詢子
猫抱けば草の匂ひや春隣       黒田 智彦
梅真白少年院へ続く道        寺田 記代
春光の網繕うてゐたりけり      芦田 一枝
病室のベッドに足湯春の雪      木村 浩子
ふらここの少女二人の長き足     松永 亜矢
蜥蜴出て腹暖むる石の上       水野 菊恵
竹籤を削る夫婦や夕永し       浜田 千代美
海光のあまねき街へ初燕       林 さわ子
マネキンの肌へ滑らす春ショール   古岡 美惠子
捨藁を押し上げあまた名草の芽    本多 静枝
鏑矢の楼門越ゆる追儺かな      北嶋 八重
茶が咲いて遠き島々晴れ渡る     田中 生子
土筆摘む指の力を少し抜き      新本 孝子
湾に入る真夜のタンカー冴返る    為田 幸治
冬夕焼ホームにシャドーボクシング  中村 育野
金色の招き猫買ふ午祭        鷹野 早苗
虎口より入ればあまたの落椿     一村 葵生

令和2年 4月号

ひたひたと夜のくる飾納かな     河野 照子
笹鳴や島の畑に立つ煙        井上 久枝
マラソンへ山より上る冬花火     越桐 三枝子
餅花や高い高いを喜ぶ児       中野 はつえ
髪にふれ春の霙をなりしかな     内藤 英子
古書括る主へ雪のちらちらと     井上 千恵子
寄生木の梢の上や雪解富士      藤巻 喜美子
ナフタリン吊す箪笥や春支度     依田 久代
迎春やレジのうしろの招き猫     小谷 廣子
元旦の空ま二つに飛行機雲      田中 忠夫
左義長の雨にちぎるる炎かな     藤井 亮子
どんど焼鷺の塒を照らしけり     浜田 千代美
ブラウスを縫ひ上げ春を待ちにけり  古岡 恵美子
患者食菜飯のみどりまぶしけれ    海野 正男
暗闇の焚火に映る人の影       今田 昌克
宮島の牡蠣ぷつくりと飯の上     広兼 厚子
春泥の大地踏みしめ牛立てり     岡田 栄子
灰神楽浴びてどんどの餅を焼く    小川 誉子
鶚(みさご)鳴く沖に切立ち金華山   為田 幸治
福寿草開く気配の朝日かな      中村 育野
冬終はる薬袋を捻り捨て       鷹野 早苗
大寒や濤立ち上がる奈古の海     生田 章子
春隣靴の散らばる珠算塾       後藤 かつら
笹鳴やざざと溢るる露天の湯     西村 千鶴子
かんなぎの胸元かたく着衣始     下見 博子

令和2年 3月号

ぽんと二羽ぶつかりあうて初雀     河野 照子
下北の海に灯の無き年酒かな      井上 久枝
声荒く漁夫と漁夫との御慶かな     久保 方子
北へ行く巨船が一つ去年今年      近藤 弘子
雪解川雪立ち上がり流れくる      杉本 尚子
海鼠浮く灯台下の潮溜り        伊藤 芳子
インバネスひらひらと駅出で来たる   山田 初枝
石蕗の句碑銀杏落葉の只中に      佐瀬 元子
永らへて五年日記を買ひにけり     徳永 詢子
金粉の踊る年酒を受けにけり      寺田 記代
鹿の糞こぼれ艶めく恵方道       木村 浩子
餅搗くや頭のタオル締めなほし     山田 由美子
父祖の代の梁くろぐろと嫁が君     大片 紀子
薬擂るやうに大根擂りゐたり      海生 典代
力入れ夫の背洗ふ寒の入        川口 眞佐子
徹句碑に置く焼藷とカップ酒      浜田 千代美
仏飯を下げて茶漬に大三十日      中川 章
鉛筆を吊し窯場の新暦         源  伸枝
二日早や御手洗川に鹿の顔       田中 生子
竹筒の酒を賜る年女          長岡 はるみ
冬ざれや野川細りて音もなき      山下 邦子
凍蝶のかなたに大き仏の手       山本 逸美
逆光をくる綿虫のうすみどり      青木 陽子
耳袋かけ門衛の敬礼す         林  暁子
初東風や港に止まる郵便車       山田 智子

令和2年 2月号

見上げても朴の木はなく朴落葉    永田 由子
浅春の水子の後生祈る鐘       水野 征男
落葉降る大嘗宮へいざなはれ     越桐 三枝子
暗がりに傷の匂へる榠樝の実     二宮 英子
竹林の騒ぐ北窓閉ざしけり      川口 崇子
白壁の続く酒蔵実むらさき      梅園 久夫
蒲の穂の傾ぎて絮を飛ばしたる    佐藤 泰子
大根の皮に豪雨の傷の跡       上原 カツミ
椅子固き鮪糶場の飯屋かな      森  恒之
警官に鞄覗かれゐて師走       小林 美成子
暗闇の村のをちこち干大根      小林 亮文
花石蕗や向きを替へては達磨干す   黒田 智彦
木枯や窓にくつきり子の指紋     濱本 美智子
大口を開け歳晩の歯科にをり     堀向 博子
くしやくしやの顔で泣く子や冬林檎  松永 亜矢
指先へ翅震はせて雪螢        藤戸 紘子
母の忌や厨に刻む菊膾        荒井 八千代
大根引く小さき農婦の大きな手    鷹野 ひろえ
墓終ひ読経流るる小春かな      度山 紀子
銀杏の土打つて香を散らしけり    福江 ちえり
冬りんご深く刃を入れレノンの忌   岡田 栄子
千切れ雲浮かぶ稜線冬ざるる     松井 英智子
地を掻きて地鶏の沈み秋深し     金子 仁美
極月や金の盃磨き上げ        村上 勢津子
初時雨遠嶺の遠くなりにけり     西向寺 倫子

 

令和2年 1月号

少年の銛の光りや花野ゆく       鈴木 厚子
身に入むや一葉全集箔うすれ      越桐 三枝子
切株を吹き出す茸神の森        神田 美穂子
山の端の青き日暮や玉子酒       深海 利代子
小豆採る綾子生家の蔵の影       井上 千恵子
書陵部の鉄の窓枠金木犀        森  恒之
木の実降る寺に地獄図極楽図      藤巻 喜美子
山猿の木戸を開けたる神の留守     依田 久代
炊きあがる新米の艶退院す       児玉 幸枝
網の目の走り根乾き冬すみれ      天野 桃花
冬日燦天守に人の影動き        三上 節子
秋祭年寄りが来て昼の酒        塚田 裕介
秋惜しむ庭の木椅子に足垂らし     岡本 美惠子
スケッチの空は群青鳥渡る       水野 菊恵
目薬の口許伝ふ夜の秋         藤井 亮子
方丈の畳拭きをり竹の春        林  さわ子
小豆曳く男へせまる山の影       古岡 美惠子
絵筆持つ夫の横顔文化の日       髙橋 咲子
拭うては仏へ供ふ庭の柿        今田 舞子
萩揺るる病衣を纏ふ妻待てば      大葉 明美
夜半の秋旅の飯屋の句会かな      渡邉 小夜子
干涸びし象の背中や草の絮       長谷川 のり子
葛一葉一葉と口へ山羊食めり      一村 葵生
新米を握るてのひら赤らみて      中村 いつみ
往診の医師の大声秋日和        山田 智子

令和元年 12月号

月山の尾根くつきりと穂絮飛ぶ     田上 さき子
他界めく台風あとの茜雲        藤江 駿吉
畝立てしばかりの土へ秋の蝶      鈴木 厚子
枝先の日ざしに動く鵙の贄       河野 照子
十三夜港に白き巨船泊つ        井上 久枝
天狗茸皇居の雑木雑木林かな      二宮 英子
虫喰の桜紅葉を書に挟み        中野 はつえ
二歩三歩翅立て歩む秋の蜂       川口 崇子
石榴熟れひとつひとつに朝日かな    内藤 英子
焼畑に緋蕪の太る日差しかな      栗原 愛子
錠剤の色とりどりや虫の秋       杉本 尚子
ジオラマの一葉旧居秋灯        左藤 泰子
床山のさやけき櫛の捌きかな      森  恒之
ライオンの耳は眠らず暮の秋      小林 美成子
身にしむや主治医の一語一語こそ    伊藤 芳子
望の潮割つて帰港の診療船       濱本 美智子
窯跡に残る陶片臭木の実        太治 都
終戦日しきりに風の鳴つてをり     松永 亜矢
月の夜や短き夫の影に添ふ       川口 眞佐子
秋ぢやなうと呟く男鱗雲        浜田 千代美
猪肉をひさぐ山家や雨催        篠崎 順子
干し物は野良着ばかりや蕎麦の花    今田 舞子
笙の音の波に消えゆく良夜かな     源  伸枝
村長の土蔵に雀豊の秋         大葉 明美
晩節の妻いきいきと紅葉狩       赤尾 楽暫

令和元年 11月号

教材に教師さげ来る蛇の衣       永田 由子
達磨忌を三日過ぎたり初時雨      水野 征男
蟹が蟹追つかけ望の潮だまり      鈴木 厚子
眼鏡ふく布かはらかき白露の夜     河野 照子
潮騒の浜に火を焚く夜の秋       梅園 久夫
波の秀に乗りては潜く川鵜かな     井上 千恵子
風呂桶に守宮泳いでゐたりけり     山田 初枝
あさがほや朝餉の声の筒抜けに     黒田 智彦
檜葉垣の匂ひの強き野分あと      栗栖 英子
秋涼し島の形に灯がともり       秋本 三代子
早稲の香や安来節聞く粗筵       大片 紀子
経蔵の曝書分厚き扉をひらき      堀向 博子
踊唄流るる被爆ドームかな       石井 和子
藁屋根の軒端をとべり秋螢       岡本 惠美子
梨売の呼び込むお国訛かな       吉野 順子
霧流れ焼印しるき牛の腹        新本 孝子
雲の影次の稲田に移りゆく       松本 惠和
大根蒔き腰を叩きて終はりけり     山下 邦子
大荒れの沖に束の間盆の月       為田 幸治
風の出て山羊の声せる花野かな     萬代 佳子
月天心未完のビルの骨あらは      辻江 恵智子
一人居の煙目にしむ初さんま      下見 博子
丸き目をつぶりて若鵜撥ねづくろひ   鳥谷 恵子
夏座敷奥へ奥へと赤子這ひ       溝田 ちどり
夏惜しむ白き卓布に染み一つ      林  暁子

令和元年 10月号

夜濯の盥に星の降りてきし       鈴木 厚子
空蟬の一葉丸ごと抱へをり       河野 照子
ゑのころや訪ふ人もなき兵の墓     井上 久枝
ひとひらに白磁のひかり蓮散華     大前 貴之
烏賊干すや三角波の日本海       久保 方子
クルーザーの白き椅子拭く台風過    二宮 英子
港湾に鉄くづの山風灼くる       神田 美穂子
旧盆や生家の硬き蕎麦枕        小林 美成子
白百合の香りに噎せる法会かな     小林 亮文
竹の皮脱ぐや蛇崩れしるき山      濱本 美智子
米蔵の梁に並ぶや夏燕         寺田 記代
血の滲む馬刺噛みをる大暑かな     海生 典代
白南風やマストの上を鳶の輪      新宅 良子
休診日メモして帰る土用入       塚田 裕之
原爆ドームに螺旋階段大西日      藤井 亮子
工場のあかりの揺るる梅雨の海     浜田 千代美
開け放つ方丈へ滝ひびきけり      古岡 美惠子
夕端居猫の毛玉の転がり来       福江 ちえり
まのあたり軋みて過ぐる鉾車      新谷 亜紀
寺裏の暗き所に金魚飼ふ        綱木 美年子
炎熱の地を削り取る鉄の爪       望月 満里
梅雨の蝶富士見台より富士見えず    長谷川 のり子
白鷺の近づきゆけり田草取       井上 基子
本好きの母の忌日や今朝の秋      大原 恵子
遠花火果てて潮の香強くなり      迫  美代子

令和元年 9月号

火にからだ炙りし海女の大乳房     永田 由子
いつまでも砂丘の火照り生ビール    久保 方子
実梅採る袋を腹にくくりけり      二宮 英子
草野球外野へ茅花流しかな       左藤 泰子
緑蔭へ猫の先立つ猫の墓        上原 カツミ
白く噴く橅の樹液へ蟻の列       紺井 てい子
梅雨寒のまづ肝吸を啜りをり      杉山 節子
黴の香や役行者に目を凝らし      伊藤 芳子
塩飴をふくみ草刈る夫かな       小林 れい子
浜茶屋の一軒建つて海開        佐瀬 元子
旗振つて貨車切り離す夏蓬       栗栖 英子
かちわりを水に喉越す薬かな      児玉 幸枝
探梅雨や強く匂へる正露丸       太治 都
湖の香の強き町川梅雨に入る      三上 節子
艇庫よりペンキの匂ふ薄暑かな     水野 菊恵
久に繰る母の歳時記梅雨湿り      北嶋 八重
黒南風や椰子の港に船戻る       間野 映子
ピアノ弾く子のワンピース白涼し    山田 美佐子
怒涛散る柱状節理花とべら       児玉 明子
風薫る牝馬の黒き尾にリボン      大葉 明美
書斎の灯妻が点すや梅雨曇       赤尾 楽暫
凌霄の花心に潜る雨の蝶        長岡 はるみ
無駄花の茎長々と南瓜かな       鷹野 早苗
空蝉に地中の匂ひ残りをり       後藤 かつら
梅雨出水ボール流るる先は海      原  万代